減算だらけのリハビリ改定ですが、摂食嚥下の領域は比較的見逃してくれています。 摂食機能療法の対象者はこれまでは、 「摂食機能障害者とは、発達遅滞、顎切除及び舌切除の手術又は脳血管疾患等による後遺症により摂食・・・