医療現場で働いているとお金って大事だなとよくよく考えさせられます。入院や施設ってお金がかかります。病気をしてもお金があれば個室に入れてそこそこ快適な入院生活を送れ、自分の気の済むまで回復期病院でリハビリを受けられ、家族に迷惑をかけずに余生を過ごせる選択肢が増えます。

 

自分が60とか70歳になったときにそんな余裕があるのかどうか、想像すると心配になります。老後を考えると・・・体の動く限り働かないといけない時代がきそうです。言語聴覚士って何歳くらいまで働けるんですかね?定年退職するようなベテランな言語聴覚士が少ないのではっきりしたことは言えませんが、60超えても働いている先生はちらほら見かけます。

 

 

言語聴覚士として何歳まで働けるか?

今のお年寄りは僕らの月給よりも高い年金を受け取って悠々自適な生活を送っている人がいますが、自分らの代でそんな額貰える可能性はだいぶ少なそうです。支給開始時期とか65歳から70歳になるんじゃないか?とか言われていますね。病院勤務の療法士なんて大体は60歳で定年退職なのに70歳まで無収入でやっていけるのか?シルバー人材に登録してもリハビリ以外の仕事なんて出来そうにないし・・・先行きは不安です。

 

僕の職場は60歳で定年です。いまのところ定年退職したPT・OT・STがいないので、再雇用してくれるか不明です。よっぽど人物的に優れてないのと再雇用はないかなぁと悲観しています。だって若い子のほうがよく働くし文句も言わない。所属長よりも年が上の非常勤の先生がいたらやりにくいだろうな・・・


スポンサーリンク

 

定年後に再就職しようにも、特に言語聴覚士は国家資格導入が遅れたため人口ピラミッドが歪つで2~30歳代の同年代が多く、ライバルが多そう・・・講演や実技指導で収入を稼げる先生はごく一部でしょうね。非常勤みたいな形でどっかの施設で雇ってくれたらいいですが・・・このまま診療報酬が安くなったらどうなるか。ほかの事業所に伝手作るとか独立立ち上げって選択肢も考えないといけない時代がくるかもしれませんね。

 

公立病院は退職金が凄いらしいですが、大抵の民間病院の退職金は雀の涙です。うちの職場は安かった・・・

 

 

 

今やっていること

ぼくは将来のために色々やっています。個人型の確定拠出年金でせっせと節税。条件が良いうちに医療保障型の生命保険に加入し万が一のときに治療費が払えるように準備。ふるさと納税で支払った税金の一部を回収。NISAで株主優待株を買ってこつこつ節約。ブログで副収入を確保(このブログでは全然儲かってません)などなど

 
ブログやサイトなんかでは将来の不安を煽って副収入を得よう!と教材を売っているところもありますが・・・確実にできる節約術のほうが大事ですよ。50歳くらいで貯金が全然できてなくてFXや信用取引で一発逆転なんてリスクある事はせずに、若いうちからコツコツ貯めこんで老後に備えるつもりです。今やっているSTって仕事は楽しいけど、将来絶対に高収入にはならないので身分相応につつましくやるだけです。

 

 


スポンサーリンク

自己紹介

現役の言語聴覚士です。

このブログを書いている「飲太郎」です。日々経験した食事の問題や解決策などを発信していきます。


フォローお願いします!




このブログが役にたったらクリックを!