昔に比べると、機会はだいぶ減りましたが謝礼金やお礼は時々渡されそうになります。患者さんの退院が近づくと、せめてもの感謝の気持ちとして家族がお菓子や商品券、現金などを包んでくる時があります。特にリハビリ期間が長い回復期なんかでは、よくあるそうです。

 

本音を言えば、嬉しいです。自分の頑張った仕事を認められるような気がして。ですが、大抵の病院ではお心付けは断るように指導されています・・・収賄罪とか色々あって。

 

これがお菓子とかジュースとかなら差し入れとして有りがたく頂けるんですが、さすがにティッシュに包んだ万札とかポケットに入れられると困ります。

 

 

まずは断る

お菓子くらいなら有難くもらってもいいと思いますが(公立病院は厳しいところもありそうですが)、現金や商品券の場合はまず断りましょう。

 

「貰ったら不味いんです、捕まっちゃいます」


スポンサーリンク

 

ほとんどの家族は引き下がりません、ポケットにねじ込んできます。強く拒否して、その後の関係が気まずくなるのも嫌なので、断るのが無理そうなら一旦預り上司に相談します。

 

 

 

使いみちはオープンに

薄給なんで、本音を言えば頂きたいですが・・・医療職は清く正しく生きないといけません。たった数万円程度が後でばれて、職場で気まずくなってもいけないので、上司や同じ担当受け持ちに報告しましょう。

 

「断りきれませんでした、せめて職場のみんなのお菓子代にして下さいと頼まれました。」

 

こんな感じで逃げ道を作りつつ相談しましょう。後は、貰った商品券なりで上等なお菓子でも買って職場に配り、貰った人にお礼を言えば完了です。学生さんの時もこんな感じですかね。

 

昔、ぼくが居た病院なんかでは商品券を金券ショップで換金し、忘年会の飲み会費に流用してました(さすがに今はやってないでしょうが)。特に地方の民間ではその辺りがちょっと緩めな印象でした。

 


スポンサーリンク

自己紹介

現役の言語聴覚士です。

このブログを書いている「飲太郎」です。日々経験した食事の問題や解決策などを発信していきます。


フォローお願いします!




このブログが役にたったらクリックを!